集合住宅運営前の対策|防音対策の方法やコツやポイントを把握|うるさい要因さようなら

防音対策の方法やコツやポイントを把握|うるさい要因さようなら

男女

集合住宅運営前の対策

室内

騒音対策は静かな環境にするためには重要な要素です。特に、交通量の多い道沿いや線路沿いのマンションなどでは、外部からの騒音対策が必要です。また、住人同士のトラブルを防ぐためにも、隣や上下階などに騒音が伝わりにくくする対策も重要です。騒音対策では、工事内容によってもその費用は大きく変わるが、6畳程度の空間への対策で150万円程度必要などそのコストもかかる傾向がある。しかし、例えば賃貸マンションを経営する場合、外部からの騒音により入居者が集められなかったり、入居後、直ぐに退去されてしまうと、家賃収入が得られずデメリットが大きくなります。その為、費用をかけてでも対策を行うことが重要です。

マンションなどにおいて、最近では騒音対策は非常に大きな要素になってきています。この騒音対策については、以前では大掛かりな工事を行うことが主流であったが、最近では簡易的な騒音対策も出てきています。例えば、サッシの交換があります。特に、外部からの騒音では窓のサッシの隙間などから音が入り込む傾向があります。その為、サッシを2重化したり、気密性の高いものに交換することだけでも、騒音を軽減させることができます。また、下の階への音対策としては、音を吸収するマットを床下に敷くなどの対策を行うだけでも、下の階に伝わる足音などの騒音を軽減することができるようになってきています。その他、防音カーテンや防音ブラインドなども登場してきており、簡易的な対策が可能になっています。